前立腺疾病の症状と危害は何でしょう

前立腺は男性の生殖器系の器官の一つです。前立腺肥大症と前立腺炎は一般的な男性の前立腺疾病です。前立腺肥大症は、高齢男性患者のよくある病気の 一つです。年を取って、男性は多かれ少なかれ前立腺肥大症の前立腺疾病を持っています。研究では、前立腺肥大症は40歳以後に始まることになって、60歳 以上の高齢者はいっそう多いと現われています。、前立腺肥大症が排尿障害の主な症状があって、病気の軽い人は晩放尿回数が多くなって、それから小便をした 後に少量の捌ける現象があります。いつも腰が痛くて、四肢は無力で、夢精などの症状があります。

前立腺炎は時には早漏と同時に現われて、そ れぞれの年齢層の男性の前立腺炎に急性前立腺炎と慢性前立腺炎に分かれることができます。通常は、体の他の部分から細菌が前立腺に侵入して感染します。前 立腺炎は、部分的に又は完全に尿閉を引き起こして、膀胱からの尿の流出を阻害することができます。そして、膀胱が膨張、衰弱、感染を引き起こすことになり ます。膀胱は感染して容易に輸尿管を経由で腎に伝わります。急性前立腺炎の症状は陰嚢直腸痛、発熱、頻尿や灼熱感、尿の液が血あるいは膿にあります。慢性 前立腺の症状は頻尿や灼熱感があって、尿が血が付いて、背中が痛くて、インポテンスになります。

前立腺疾病は局所の不快感や症状を引き起こ すこすことができて、全身の症状や不快感を引き起こし可能性もあって、さらには尿毒症、がんや他の悪性疾患につながることができます。前立腺疾病は体の危 害に多方面にわたっていて、腹痛と排尿困難の症状を除いて、体の他の機能の変化を引き起こすことができて、そして病気経過長短と病気の重さの程度と異なっ ています。前立腺疾病の主な危害をいかにまとめます。

1、性機能に影響して、インポテンツ、早漏を引き起こすこと

2、生殖能力に影響して、不妊を引き起こすこと

3、がん化を引き起こすこと

4、内分泌の均衡を失って、精神障害を引き起こすこと

5、慢性腎炎につながって、尿毒症になること