年齢によって性欲の変化について

20代の頃は、人と比べて性欲は少ない方だと思っていたのに、媚薬最近ものすごく性欲が強くなってビックリ!」というアラサー女性の声をよく聞きます。性欲は男女共に、分泌されるホルモンの量によって左右されます。そのホルモンが「テストテロン」と呼ばれるものです。このテストテロンの分泌量のピークが 男性は18歳~30歳。それ以降は年齢とともに低下していきます。すなわち、男性は年齢の増加に伴って、精力はだんだんに下降することがわかります。女性においてはストレスなどによってホルモンの分泌量が変化するので、一概に減少していくとは言えません。
女性の性精力が年齢とともに上昇する理由としては、女性の男性ホルモン分泌のピークは、30代~40代ぐらいホルモンの分泌以外にも、「初体験の時に痛みを伴ったりすることが多く、セックスに慣れていくにしたがって快感を覚えるようになる」ということが挙げられます。要するに、年齢とともにセックスを楽しむことができるようになるということ。このことからも、若い女性よりも、セックス経験の多い年齢を重ねた女性の方が、セックスから得る快感の強さにより性欲が増すと言えるのです。レビトラ
性欲と年齢の関係だけみると、セックスレスや不倫が起こりやすい理由がよく分かります。夫婦の関係を良好に保つためには、下降する性欲にあらがう男性の努力も必要です。運動することや食生活に気を使うことです。しかし、もし、EDなどの深刻な状況であるならば、医師に相談することも必要な対処法と言えるでしょう。