男性の不妊症と検査法

WHO(世界保健機関)が発表した不妊症原因の統計では、不妊症の夫婦の約半数が男性にも原因があると報告されています。しかし、現在の医療技術の進化により、男性不妊の99%が治療可能となりました。精力剤 奥様の治療方針も、精子の数によって全てが決まりますので、夫婦そろっての検査・治療が必要不可欠です。

自然妊娠可能な精子数は、1ml中2,000万個以上・運動率50%以上です。この精子数が2,000万個以下の場合は「乏精子症」、前進する精子が50%以下の場合は「精子無力症」、精液中に精子が全くいない場合は「無精子症」、精液が射出されない場合は「無精液症」です。

治療方法:AIH(配偶者間人工授精)、体外受精、顕微授精、AID(非配偶者間人工授精)などによって妊娠は可能です。また、ビタミン、酵素活性剤、末梢循環増強剤、漢方薬や性腺刺激ホルモンの注射など、精巣の薬物刺激療法も精子改善に効果があります。

性交がうまくいかない障害のことです。勃起するが性交がうまくいかない場合の多くは、女性側の処女膜が肥厚し、強靭なため挿入が困難というケースがあります。シアリス

治療方法:この場合は、女性の処女膜を切開する簡単な手術(所要時間は数分)で解決されます。

勃起障害、勃起不全と言われるもので、勃起しないために性交ができない状態や、勃起はしても十分な勃起にならない、あるいは維持できないために、満足な性交が行えないことを言います。勃起に関係している神経系の異常や、海綿体に血液を送り込むための血管系の異常、その他内分泌系の異常、ペニスの器質的な疾患(形態異常など)によって起こる器質的原因や、心理的な要因によって性交のできない機能的原因があります。

治療方法:バイアグラは治療効果がかなり期待できる治療薬のひとつです。

何らかの理由により、精巣ではきちんと精子が作られているにもかかわらず、射精された精液には精子が極めて少なくなる症状を示す障害です。場合によっては、無精子症のようにまったく精子が含まれないこともあります。

治療方法:この場合は、手術によって解決されます。また、精巣・精巣上体などから精子を採取して顕微授精などを行う方法もあります。