男性は早漏原因が暴露しました!

早漏は最もありふれている射精機能障害であり、発病率が成年男子の三分の一を占めています。早漏の定義はまだ論争があります。通常では男性の射精する潜伏期によってあるいは女性が性交中に性ピークの頻度に達することを評価しています。男性は性交しているときに射精する能力を制御することを失えば、腟までに挿入してあるいは先刻すぐに射精することを準じています。女性が性交している時に性ピークの頻度が50%に達していないとうのは早漏の概念を限定して、ただこれは全て全体で受け取られていません。男性の射精する潜伏期は年齢、禁欲する時間長短、身体状況、気分心理などの要素に影響されていてます。女性の性ピークの発生頻度は体調、気分の変化、周りの情勢などの要素に影響されています。その上、射精する潜伏期時間の長短も違って、一般的に考えると、健康な男性は腟に挿入した後2~6分で射精が発生するのは正常であることと考えられています。

現在は、早漏の病因は心理性と局部性の要素があるばかりでなく、また泌尿、内分泌と神経などのシステム疾病の要素を考慮するべきであると考えられています。

早漏を引き起こした心理性の要素は多いです。例えば、多くの人が様々な原因で性交することの失敗が怖がって、気分が焦慮すること、若い時に手淫で自慰を慣用する人は、いつも早く性ピークに達することが目指すこと、性知識を欠けて、ただ男性に満足すること、夫婦が暗黙の了解が苦手であること、夫婦互いの感情がよくなくて、無意識でありあるいは意図的な虐待する意識があること、性行為が健康に良くないし、体のある固有の疾病を激化させるかを心配すること、性交の頻度が過少であるとか長い時間で性抑圧などです。このすべての様々な原因で早漏を引き起こすし、勃起能力さえに影響します。早漏を引き起こす素質性の要素は今まだ研究しています。脊髄システム疾病が例えば、多発性硬化症あるいは脊髄腫瘤、癲癇の発作あるいは大脳皮質素質性の病変で脳血管事故になって、射精を制御することができません。糖尿病、心臓血管疾患、骨盤骨折、泌尿の生殖器系疾病例えば、尿道炎、前立腺炎、精被膜炎なども早漏と相関的であることを提示すると報告されています。