男性不妊の原因について

不妊とは、妊娠を望む夫婦が、2年以上妊娠しない状態のことをさします。男性不妊の原因は、大きく分けて3つあります。それぞれの原因を、詳しくご説明します。
■無精子症です。無精子症は、精液の中に精子がいない状態です。無精子症は、「閉塞性無精子症」と、「非閉塞性無精子症」の2種類があります。
■性機能障害勃起不全(ED)と射精障害です。早漏
■精液性状低下です。精子の動きが鈍い、奇形がある、量が少ないなどの理由から、精子が卵子までたどり着かない状態です
生活習慣が原因となる男性不妊もいくつかあります。ご紹介する生活習慣を改めるだけでも、不妊の改善が可能です。ストレスの影響により、精子の活動性が落ちたり、精子の質が低下したりします。精子の生産にかかわるホルモンの分泌量が低下します。肥満も重要な原因です。BMI値が高い男性は、精子の量が少ないというデータがあります。これは、精巣の周囲に脂肪がついているたに、精巣が温められてしまうのが要因です。そして、アルコールの過剰摂取は、不妊の要因となります。それから、タバコにより、体内に一酸化炭素が入り、体内の器官が酸欠になることにより、精巣の機能が低下するためです。精子は熱に弱い性質を持っていることから、精巣が温まると精子の質が低下します。サウナや熱いお風呂での長風呂を避けるほか、通気性の良いトランクスがおすすめです。
不妊の方々は普段の生活にいろいろなことを注意しなければならないです。早漏
生活習慣を変わって、不妊の状態も改善できると思います。もちろん、不妊の疑いがある方は、早めに病院へお医者さんと相談することをお勧めます。