品格は大人の男性性健康方も患って品格?

2017-08-02

品格最初は子どもに見つけた.1845年、ドイツ医師ホフマン初めて児童活動と病気を過度.約10年前、医師は大人も病気に似ていると発見した.患品格の大人が症状が軽い,仕事をおろそかにするのも、症状がひどく、オフィスでヒステリックな.

成人患者さんの品格いち/は仕事の鬼

p> <彼らは普通は衝動孫子に手を引かれて牢屋わがままで,男性性健康、事をするのが好きか、何をして何が難しいし、整然と1件の事、自律性が悪く、よくにくい指示に従うと受け入れない監督、根気よくを追求目標;時間が薄れ、時間の能力に欠陥があり、仕事やデートよく遅刻する.

これは治療しないで、病状が深刻な人は仕事と生活もすべてめちゃくちゃになって、多くの人は失業し、離婚することができます.

一方、品格は患者も働きさえすれば、仕事は自分が興味のあるものを、不眠不休で仕事.アメリカ医学连合会引用研究成果によると、いち/さんの品格患者さんじゅう歳までに企業家ので、彼らの仕事はとても一生懸命.

の有名な例は,デビッド· ;ニールマン、彼が創建された靑いジェット航空会社の総裁をして、この会社の商売繁盛.彼は自分が公式に認めた品格.