10月, 2015年

男性機能低下を招く生活習慣

2015-10-12

加齢によって男性性機能は低下するがちですが、現在、若年層でも性機能低下は現れています。これは二つの原因は考えられます。生活習慣病とストレスです。悪い生活習慣で性機能低下するだけ でなく、EDの原因にもなります。本文は男性機能低下を招く生活習慣をまとめました。自分チェックをしてみてください。
1.不規則な生活
起床時間、就寝時間、食事の時間が不規則で、生活サイクルのバランスがとれていないと生活習慣病に陥りやすいです。
2.バランスの取れていない食生活
ジャンクフードの好み、偏食の傾向がある方は、生活習慣病にかかりやすいといわれています。
3.ストレス
ストレスが溜めってる生活をするうちに、生活習慣病を招いたり、精神的な問題も発症したりするおそれがあります。
4.喫煙
喫煙する方は多いようですが、喫煙は男性機能低下の原因となる動脈硬化を招くとされていますので、頑張ってやめましょう。
5.過度の飲酒
お酒は体にいいところがありますが、過度な飲酒だと、肝臓にかなり負担をかけます。多量のアルコール摂取は男性ホルモンの低下、睾丸萎縮などの症状も引き起こす恐れがありますので、普段か ら注意してください。
6.運動不足
デスクワークで、ほとんど体を動かさない方は、休み時間に軽く運動をしましょう。
7.睡眠不足
睡眠不足は、疲労を解消するために、想像以上にエネルギーを消耗します。慢性的になると、性機能低下を招きますので、要注意です。
以上はいかがでしたか。男性性機能のために、EDを予防するために、自分チェックをして、悪い生活習慣をやめましょう。

男性性機能障害について

2015-10-10

性機能障害とは、性機能に障害があり、満足に性交が行えない状態のことを指します。男性によくある病気の一種です。性機能障害は円満的に性交できない場合が多いので、不妊症の原因にもなり ます。それに、別れや離婚にもつながります。性機能障害を克服するには、その原因を特定するのが大切です。性機能障害の原因はさまざまあります。本文は性機能障害について説明したいと思い ます。
年齢が重ねると、性機能障害になるケースが多いですが、近年では若年や壮年の年齢層にも多くなりました。その原因の一つは心身の慢性的過労による場合です。これは肉体的な過労や精神的スト レスによる影響をうけ、またはコンプレックスやプレッシャーによって性欲の減少や性機能不全が起こると考えられます。また心因性による場合も多く、以前の性的トラウマや性的不安、無意識的 な性への葛藤、生理的嫌悪、罪悪感などの他抑うつ状態の場合もあります。その他内因性としては血管や神経、内分泌などに障害がある場合やホルモン疾患、外科手術や糖尿病の合併症、性器の構造的問題などがあげられます。また外因性として薬物、アルコール、たばこなどの影響もあげられます。降圧薬、抗うつ薬、ある種の鎮静薬、シメチジン、ジゴキシン、いくつかの利尿薬、抗精神 病薬、違法薬などの服用も一つの原因に挙げられます。
性機能障害は性の悩みだけでなく、体の不調の信号にもなるかもしれません。医師に相談して、治療していく必要があります。また、日常生活から悪い生活習慣を見直す必要もあります。