12月, 2016年

果物の男性性健康食べ方は何時に果物を食べます

2016-12-12

果物は体に栄養を補充して、日常生活に欠かせない一分の飲食、果物を食べて、時間を選んで、そんなに、何時間食べる果物は最も良いですか?

みんなは果物を食べることが好きです、しかし果物は食べないで食べて食べて、そのようにして果物を食べて,その才能に体に対して役に立つことができます.

イギリスには、午前の果物は金で、昼から午後3時は銀、3時から6時まで銅、6時過ぎの場合は鉛.では、具体的には、果物をどのように食べるべきでしょうか.

1、朝一番適当に:リンゴ、梨、ブドウ

は、果物を食べ、午前中に果物を食べて、人体に最も効果があり、更に栄養価を発揮し、人体健康の物質を発生させます.それは、人体の経一夜の睡眠の後は、胃腸の機能が活性化の中で、消化機能が強くないのに、また付け加える必要十分な各種の栄養素を消化吸収しやすい、ここの果物は午前中仕事や勉強に対処する活動の栄養所要.朝は果物を食べ、消化吸収、有利に、果物の甘酸っぱい味、一日一日気持ちが爽やかに感じる.人の胃腸は一夜の休憩後、機能はまだアクティブにする中で、消化機能が強いです.だから酸、梨、ブドウなどはとても適していて、たとえリンゴ、梨、ブドウなどがとても似合う.

聖女:p2、料理前に食べない:聖女、オレンジ、サンザシ、バナナ、柿

例えば、リンゴ、梨、バナナ、ぶどうなどはよく選択します、というのは、酸性に適したものです、りんご、バナナ、ぶどうなど.胃腸の機能はよくない人、この時間で果物を食べるべきでありません.果物は食前に空腹で食べることはできません、聖女果、ミカン,サンザシ、バナナなど.聖女の果実の中で含む可溶性収れん剤、もし空腹と組み合わせて食べて、胃酸を胃内の圧力が上昇による症状.ミカンの中で大量の有機酸を含んで、空腹は生じやすい食の胃が膨れ、ぇ酸.サンザシ味酸、空腹食の胃胃痛.バナナにはカリウム、マグネシウム含有量が高い、空腹でバナナを食べ,男性性健康、血中マグネシウム量が高くなり心臓血管に対して抑制作用を抑制することができます.柿は収束の作用があり、胃酸が柿を形成し、消化されたり、排出できたり、空腹で大量に食事後、吐き気など症状が出る.

さん、食後に選出:パイナップル、パパイヤ、キウイ、オレンジ、サンザシ

パイナップルには消化たんぱく質を消化消化酵素の不足、消化酵素が不足し、消化機能を強めます.李時珍《本草綱目』でもきっと、パイナップルが健脾臓が胃、固元気.食後食べてパイナップルは、食欲を刺激することができる風を通す、解脂っこい、消化を助ける.パパイヤ中のパパイヤ酵素分解蛋白質を助けることができます人体肉、食後食べて少量のカリン、予防に胃潰瘍、胃腸炎、消化不良などが一定の効果.キウイ、オレンジ、サンザシなど、大量有機酸、消化酵素活性化、脂肪分解促進、消化を助ける.

晩酌4、晩酌鎮静:リュウガン:リュウガン

食べてリュウガン

を食べます

夜>